01SoundEarth Blog

音素材(BGM・効果音・ループ・ジングル)の制作秘話や日常の出来事など

1978年製grecoレスポールモデルEG 500をプチカスタマイズ その2

greco500-02-01.jpg

前回はギター紹介となってしまったので、今回はプチカスタマイズに進んでいきます。
ボリュームとトーンのポットにガリが発生していたのでキャパシタとセットで交換することにしました。

特に不具合はありませんでしたが作業のついでにジャックとジャックプレートも交換することにしました。

greco500-02-02.jpg

交換前はよく言えば味のある見た目でしたが、交換するとギター全体が新しくなったと感じるほど男前になりました。

■ 使用したパーツ
ジャックプレート:SCUD ( スカッド ) / JC-SC
ジャック: SWITCHCRAFT ( スイッチクラフト ) / 11


次にポットの交換です、今回パーツをごっそり交換するだけで配線はオリジナルのつなぎ方を維持しました。
まずはポットを外したギターに段ボールをあててポットの位置に穴をあけて段ボール上で配線しました。

greco500-02-03.jpg

ハンダはこれでもうまくなったほうですが写真で見るとつけすぎてるなぁ。。
あとはギター本体に導入して完了です。

greco500-02-04.jpg

■ 使用したパーツ
配線:ALLPARTS JAPAN Earth Wire
キャパシタ:Orange Drop 716P 0.022uF 400V 2個
ポット: SCUD ( スカッド ) / CTS-A500MM 4個

今回のプチカスタムで使用したパーツはこれまでも安ギターやベースに導入すると結構良い方向に音が変化するのでお勧めです。

その3最終回へ

次回はいよいよプチカスタム最終回、ネックのインレイの交換を行います。初めての作業なので緊張します。

0 Comments

Add your comment