01SoundEarth Blog

音素材(BGM・効果音・ループ・ジングル)の制作秘話や日常の出来事など

時にはKYになることも大事

KYという言葉はすっかり市民権を得て、スポーツ新聞なんかでも当たり前に使用されています。
当然いい意味で使われていないので人から言われると嫌な気分になりますよね。


けど、よく考えてみると空気ばっかりよんでる人もいかがなものかと思うわけです。


空気をよんでいたら革命は起こせませんし、何かを突破することも難しくなると思います。
すなわち時にはKYになる勇気も必要かと。


ソクラテスの「無知の無知」と「無知の知」みたいに、自分はいまKYだとわかっていて、ここ一番でKYになることは非常に重要だと思います。


KYと認識したうえでKYな発言をしている人に対して、KYというのが真のKYかもしれません。

なぞなぞみたいな文だな


あ、どうでもいいですがイニシャルがKYで無意味にいじられた経験をお持ちの方、交通事故にあったと思って乗り越えてください。
武田信玄の軍師 山本勘助もKYだ。


突然なんでこんな話題なのかというと、今日帰りの電車がモーレツに暇だったんです。
いつもならカバンにビジネス書が入っているのですが今日はなかったんです。
「必殺!隣のおじさんが読んでるスポーツ新聞盗み見の術」を使って時間をつぶしていたら、やたらKYって文字が目に付て、気がつけばこんなことを考えていたってわけです。


しかし、こんなにKYって文字を使うことはもうないだろーな(笑)

0 Comments

Add your comment